継続的に英語力の伸びを測定できる
スコア型英語4技能検定

GTEC CBTとは

入試活用のメリット

GTEC CBTは、日本の高校生の4技能の英語力を測定するのに適したテストです。大学でのグローバル人材育成のための選抜基準としてご活用ください。

「聞く」「話す」「読む」「書く」という英語の4技能を測定できる「聞く」「話す」「読む」「書く」という英語の4技能を測定できる

「聞く」「読む」「話す」「書く」という英語の4技能を測定できる

GTEC CBTは、リスニング・スピーキング・リーディング・ライティングの4技能の英語力を、スコア型の絶対評価で測定します。また、スピーキングとライティングでは、「英語話者の視点」による採点を行っています。
「日本の高校生の4技能の英語力」を測ることを目的としている点が、ほかの欧米発スコア型英語力テストとは異なります。
約15年前から高校生の英語運用力を測定するアセスメント「GTEC」をご提供してきたベネッセコーポレーションが、その知見を活かして開発した、「新時代の大学入試」での活用を見据えた検定がGTEC CBTです。

大学生活やその先の社会で求められる英語運用力を測定できる大学生活やその先の社会で求められる英語運用力を測定できる

大学生活やその先の社会で求められる英語運用力を測定できる

GTEC CBTは、日常生活の場面での英語運用力の範囲を超えた「アカデミックな英語力」を測定します。アカデミックな英語力とは、大学入学後にAll Englishでの講義を受講したり、英語の論文を読んだり書いたり、あるいは英語で研究内容をプレゼンテーションしたり、ディスカッションを行ったりする際に必要となる力のことです。
大学入試でGTEC CBTを採用いただくことで、貴学での学生の学びは、よりスムーズなものとなるでしょう。

ご希望に応じて受験者のスコアを大学にデータで直送できるご希望に応じて受験者のスコアを大学にデータで直送できる

ご希望に応じて受験者のスコアを大学に直送できる

受検者にはスコアレポートを送付します。出願書類としてご活用ください。また、大学から要請をいただくことで、ベネッセコーポレーションから直接、大学に受検者のスコア(成績情報)を送ることが可能です。
スコア直送のお申し込みは、当Webサイトより可能です。

GTEC CBTのスコアを大学入試で ご活用予定の大学が増加しています

国際化に向けた入試改革に取り組んでいる大学において、GTEC CBTの入試での活用を予定いただいている例を一部ご紹介します。

GTEC for STUDENTSの受験者数推移GTEC for STUDENTSの受験者数推移
生徒募集に繋がる外部検定試験の活用法について相談を承ります。
以下のようなご相談等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
  • ・外部検定試験を一般入試で活用する有効な方法を教えて欲しい
  • ・貴学合格者の高校3年生段階のGTEC平均スコアを学部別、入試方式別に教えて欲しい
  • ・GTECと他社検定とのスコア相関を教えて欲しい

お問い合わせ窓口

ナビダイヤル0570-064652

受付時間/月〜金10:00〜18:00(祝日、年末年始を除く)

PAGE TOP