継続的に英語力の伸びを測定できる
スコア型英語4技能検定

受検者の声

R.I 先輩

R.I 先輩
慶応義塾大 理工学部

各技能を底上げして高スコア取得!
大学入学後も有効活用!

入試でアピールできるスコアの取得を目標に高2の時に受けたGTECのスコアは約700。ただ、入試に使えるオフィシャルスコアではありませんでした。もっと上のレベルの問題に挑戦して、入試で活用できるスコアを残したいと思い、GTEC CBTを受けることにしました。

単語を暗記してリーディングの基礎固め特にリーディングの力はまだまだ伸ばせると考え、対策に注力。語いの問題を解くにも、長文を読めるようになるにも単語の暗記が先決だと思い、スキマ時間を使って単語を暗記。1か月かけて、市販の単語帳のうち1,000語を、その語を見ればすぐに意味を思い出せるくらいにしました。

CDとパソコンを活用して英語に体を慣らすリスニングは、進研ゼミの教材として送られてきた音源を毎日家で流して聞き取る練習をしました。ライティングは、キーを素早く的確に打ち込む練習として、2日に1回寝る前に、中高生向け英字新聞の記事をパソコン上で書き写し、本番に臨みました。

高校での努力の成果を大学に示せた結果は見事1,000超の高スコア。入試の時はもちろん、大学入学後に、奨学金や海外短期留学に申し込む時もスコアを提示して、高校の時から英語を頑張っていたことを証明できました。

記事一覧へ戻る
PAGE TOP